日本がこの先生きのこるためには

証券会社から名寄せのメールが来た!

Pocket

楽天証券からのご案内というタイトルでメールが来ました。

送り主は楽天証券カスタマーサービスセンター。

用件

さて、弊社では、各口座間の「名寄せ」を行っております。
このたび、お客様の口座登録内容についてお伺いさせていただきたく
ご連絡を差し上げましたが、お話することができませんでした。

という内容で、このメールが来る前に
どうやら私の携帯電話に着信があったようです(気づきませんでした)。

Sponsored Link

名寄せって何?

  • もともとは、金融機関で複数の口座を持っている預金者の同一性を確かめること。例えば、ペイオフの限度金額は同一の預金者が預けている金額の総計によるので、法律上この意味での名寄せ作業は必要となる。
  • 転じて、金融機関以外の組織でも、データベースに複数存在する同一人物を統合すること
  • 引用:名寄せとは – はてなキーワード

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
これから話す私の体験談がまさに名寄せなので、
↑を踏まえた上で読んでいただければ分かりやすいと思います。

楽天証券からのメール内容の話に戻ります。

誠にお手数ではございますが、カスタマーサービスセンターまでお電話を
いただくか、弊社営業時間内(平日8:00~18:00)において、ご都合の
よい日時を本メールへご返信くださいますようお願い申し上げます。
ご指定の日時にご連絡を差し上げます。
なお、お電話は数分で終わる内容でございます。

最近は銀行口座のパスワードなどを不正に入手する
フィッシング詐欺メールも流行っているので、
このような内容のメールは少し用心してかかってしまいます。

偽の業者では?

すでに先方はこちらの携帯電話番号を知っているようなので、
楽天を騙った迷惑メールではなさそう、と判断。

念のため携帯番号は書かずに、都合の良い日時だけ書いて返信しました。

すると後日予定通りの時間に電話がかかってきました。

Sponsored Link

名寄せの確認事項

内容としては、

先日、同じ電話番号で、楽天証券の口座開設の手続きがあり、
手続きした人の苗字が貴方(私のこと)と違う。これは兄弟の登録ですか?

といった感じ。

確かに、数ヶ月前に私自身が楽天証券の口座を開設しており、
それとは別に、数日前には結婚して苗字が変わった妹が
楽天証券の口座を開設していました。

妹が口座開設する時、電話番号を実家の電話番号(私の自宅の電話番号)を
書いたので、今回のような問題が生じたのではないかと思われます。

電話では兄弟の登録であることを確認した他、

①登録した電話番号と住所
②自分名義で開設した口座は、自分が投資をするために自分自身で手続きをしたのか

という二点を口頭で再確認しました。

問題はなかったので電話はそこで終了しました。

まとめ

私の場合は楽天証券の名寄せでしたが、
他の口座でも同じようなことが起こりうるかと思います。

「名寄せ」が何のことかもよく知らず、
突然の電話、メールだったので少々焦りましたが、
大したことではありませんでしたし、勉強になりました。

今回は、同じ証券会社で、同じ種類の開設された2つの口座が
それぞれ別人のものであることが分かった時点で解決となりましたが、
同一人物によるものだと分かった場合は口座が1つにまとめられるようです。

証券会社が今回のように確認することや、口座をまとめたりすることを
「名寄せ」と言うのです。

同じ金融機関でうっかり同じような口座を開設してしまったり、
(結婚などで)引っ越して住所が実家と変わったのに実家の電話番号を使ったり
しないように気をつけましょう!

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link